ニコチンリキッドの取り扱い注意点

ニコチンリキッドを日本国内で転売・譲渡すると薬事法違反になる

ニコチンリキッドは日本国内では薬事法により販売などが禁止されている商品であるため、日本の中で手に入れることはできません。ただし、海外から個人輸入して手に入れることは可能です。ここで注意しておきたいのは、海外で購入したニコチンリキッドを、日本で転売・譲渡し、ほかの人の手に渡すことも薬事法違反になるということです。

つまり、ニコチンリキッドは個人輸入した本人のみが楽しむことができるものなのです。意識しなければ、家族や友人・知人などに何気なく譲ってしまいそうですが、誰であろうと第三者への譲渡に変わりはありません。厳しく法律で規制されているものを使用していることをしっかり理解しておかなければならないでしょう。

個人輸入は個人の1ヶ月の使用量のみ可能

ニコチンリキッドを個人輸入して個人的に楽しむことは違法ではありません。ただし、個人輸入する量にもしばりがあります。個人輸入が可能な量は、1ヶ月あたりの使用量のみとなっています。この1ヶ月の使用量には明確な決まりはないので、あくまで常識の範囲内ということになります。

おおよそ120mlほどが基準と考えられてはいますが、120mlまでなら何の問題もなくスムーズに個人輸入できるというわけではありません。税関によっては120ml以下でも通してもらえない可能性もあります。予定していた数量を輸入できなくても、個人輸入の過程で何かしらのトラブルが起こったとしても、全て個人の責任になります。このようなリスクも十分踏まえた上で、行動することが大切です。

ニコリキは、ニコチン成分が含まれるリキッドの略称です。国内販売は禁止されているので、輸入品を購入することになります。