ニコチンリキッドの購入方法!!

販売している国で直接購入しに行く

健康志向が強くなっていている日本では、従来の紙タバコから電子タバコへシフトチェンジする人も増えてきています。電子タバコは紙タバコに比べて低コストな上に健康面にも配慮されていることで人気となっていますが、国内ではニコチンリキッドの営利目的での販売は許可されていません。そのため、リキッドは海外で販売されている物を購入する形となります。いくつかある方法の中で基本とも言えるのが現地での購入です。販売している国に渡航して購入をした後、税関で申告して持ち込みます。 この時に注意しなくては行けないのが購入の間隔と容量です。短い期間の間に購入を繰り返したり、1ヶ月の目安以上の容量を持ち込んでしまうと営利目的と判断され止められてしまうこともあります。1度購入をしたら最低でも1ヶ月は間隔を空けて適量を守ることが大切です。

専門サイトを通して購入する

現地での購入は自分の目で見て判断できるのがメリットですが、その反面渡航費用など余計なコストが掛かってしまいます。少しでも費用を抑えたいという人に最適となるのが専門サイトの利用です。こちらは、本人に代わってリキッドを購入して販売をする、所謂代理購入の業者になります。需要の増加に伴って専門サイトの数も増えてきていて、日本にいながら手軽に手に入れられるのが魅力です。ただし、中には正規品ではない偽者のリキッドを販売している悪質な業者も少なからず存在します。

こうした業者にだまされないためにも、サイトを利用する時は信頼性についてしっかりと調べることが大切です。海外のサイトなので現地の言葉でしか表示されないケースもあります。言葉がわからない状態で間違って購入しないように日本語にも対応しているサイトを選ぶのもポイントの一つです。

ニコチン入りリキッドは本物のタバコと変わらない風味を楽しめるのが魅力ですが、発生する蒸気にもニコチンが含まれているので受動喫煙の危険があります。使用する際は周りに気を配るのが社会的なマナーです。